親孝行のための「家族信託」活用事例&実践ガイド
親孝行のための「家族信託」活用事例&実践ガイド » 【認知症対策】親のために家族信託でできること » 共有名義によるトラブル防止のための家族信託

共有名義によるトラブル防止のための家族信託

このページでは、不動産を共有名義にすることで起こりうるトラブルを、家族信託を用いて防ぐ方法をリサーチしています。ぜひ内容をご確認ください。

家族信託で共有名義により起こりうるトラブルを防ぎたい場合

一つの不動産を複数人で所有する「共有名義」の土地は、相続にあたってさまざまなトラブルが生じる可能性をはらんでいます。もともとは夫婦や兄弟2人だけの名義であっても、共有者の1人が亡くなり、さらにその子どもたちが土地の一部を分割して相続する……といったことを繰り返すうちに、共有者が増えて権利関係が非常に複雑になってしまうためです。

さらに、共有名義の不動産を売却したり、だれか1名の単独名義へ変更したりするには、共有者全員の同意を得なければなりません。付き合いのほとんどない親戚の同意が必要になることもしばしばあり、話し合いがスムーズに進むとは限らないでしょう。

こうしたトラブルを防ぐために有効なのが、家族信託の活用です。家族信託とは、資産の管理や処分を信頼できる家族に任せるという財産管理の手法のこと。不動産の運用は受託者に一本化して託し、ほかの共有者は受益者として賃料収入などの利益を受けられるため、だれもが損をしない形で資産活用ができるでしょう。

それでは、年間100件を超える家族信託の相談実績を持つ『司法書士リーガル・パートナー』が取り扱った事例から、共有名義の不動産相続を解決した事例をご紹介します。

アドバイザー「司法書士リーガル・パートナー」紹介

司法書士リーガル・パートナーのイメージ画像

「司法書士リーガル・パートナー」は年間600件もの不動産法務関連サポートをこなす司法書士事務所。なかでも家族信託サポートを得意としており、家族信託に関する相談実績は年間100件以上にのぼります。家族信託を取り扱う専門家がまだまだ少ないなか、家族信託を「大切な家族のためにできること」の一つであると考え、一人ひとりの悩みに沿った解決方法を検討。オーダーメイドの提案を行っています。

無料相談を申し込む

争いが起きやすい不動産の共同名義を家族信託で解決

相談者であるAさんには、長男と妹B、妹Cという3人の子どもがいました。夫はすでに亡くなっており、現在は長男夫婦と暮らしています。妹は2人とも独立して家を出ている状態。資産としてはAさん名義の自宅と、収益不動産(アパート)があります。

案件のポイント

Aさんは共有名義の不動産がトラブルの種になりやすいことを知り、相続対策をしておくことを決意。「司法書士リーガル・パートナー」を訪れました。自分が認知症になってしまった場合や、相続後のアパートの名義、遺産分割にあたって兄妹間の不仲を招くリスクについて強く不安を感じていたそうです。

司法書士・堀内先生が導いた解決方法

Aさんの相談を受け、認知症対策や収益不動産(アパート)の建て替えの可能性、相続の均等化を考慮した結果、次のような家族信託設計が行われました。

これにより、長男、妹B、妹C全員が不利益を被ることなくAさんの資産を相続することが可能となりました。同居中の長男についても自宅をそのまま相続できるため、不満の残りづらい形での解決が叶っています。

【対談企画】相談相手の選び方・見極め方
【対談企画】相談相手の選び方・見極め方

監修者イメージ

家族信託で実績多数の専門家

堀内貴敬 先生に無料相談する