親孝行のための「家族信託」活用事例&実践ガイド
親孝行のための「家族信託」活用事例&実践ガイド » 【認知症対策】親のために家族信託でできること » 相続トラブル回避を目的とした家族信託

相続トラブル回避を目的とした家族信託

このページでは、家族信託に伴う相続トラブルを回避するケースについてリサーチしています。ぜひ内容をご確認ください。

家族信託の相続トラブルを回避する場合

今回は、家族信託の相談実績は年間150件を超えるという『司法書士リーガル・パートナー』が取り扱った事例を掲載しています。家族信託を活用して相続トラブルに関する悩みを解決したケースをみてみましょう。

家族信託で想定される相続トラブルとは

家族信託は投資信託と大きく異なります。誰でも利用できる仕組みで、認知症の対策としても推奨される手段です。

例えば相続トラブルを回避したい場合、本人が元気な時に本人の希望や方針、そのために付与する権限をきちんと信託契約書の中に残しておけます。

その希望や方針に沿った内容である限り、財産管理をおこなう受託者は、本人の希望に即した柔軟な財産管理や資産の有効活用を実行することが可能に。相続トラブルを防ぐうえで有効なのです。

アドバイザー「司法書士リーガル・パートナー」紹介

司法書士リーガル・パートナーのイメージ画像

家族信託サポートで年間150件の相談実績を誇るエキスパートです。「誰かのために無償で行うこと」を家族信託の仕組みの前提として考え、相談者の気持ちを最大限までくみ取り提案することを心がけています。
年間600件以上の不動産法務関連サポートで蓄積した豊富なノウハウ。そして、税務・法務の業務をワンストップで対応できる体制を活かし、不動産取引・相続、事業継承などをはじめ、幅広い課題の解決を提案します。

無料相談を申し込む

前妻との遺産分割協議を家族信託で解決

相談者は、東京都在住のAさん。Aさんの夫は数年前に他界しています。その夫には前妻と子供がふたりいます。夫が亡くなった遺産分割協議が頓挫し、現在は調停中です。

Aさんは高齢ではありますが、現在は認知症の兆候はありません。しかし、足腰が不自由なため、娘がサポートしています。また、Aさんには信頼できるBさんという親戚がいます。

案件のポイント

Aさんは複数の不動産を所有しています。しかし、建物が古くなってきている所有ビルなどは修繕が必要です。それ以外にも建て替えにおける交渉などやることが多くあるのが問題です。

しかし、足腰が悪く銀行へ行くにも困難になっている状況のため、現在は一人娘の介助で何とかこなしているのが現状です。Aさんは娘さんの負担を気にしていて、今後は「娘にすべてを任せたい」といった希望が聞かれました。

司法書士・堀内先生が導いた解決方法

Aさんの希望を踏まえ、現状の問題や要望をまとめると下記のようになります。

最終的には、Aさんと娘さんのあいだで、以下のような家族信託契約が結ばれました。

Aさんのご希望を鑑みると、成年後見制度では困難だと考えられたため家族信託が提案されました。遺産分割協議の相続トラブルも未然に防ぐことができる環境がきちんと整いました。

相続トラブルで家を失った知人の話で不安になり…

相談者は、神奈川県在住のAさん(高齢女性)。数年前に夫を亡くしています。現在は長男夫婦と同居している状態ですが、家族仲に問題はありません。長女はすでに結婚し、独立をしています。

案件のポイント

知人であるBさんは主人が昨年お亡くなりに。同時に経営していた工場も廃業となりました。亡き夫の姉妹がBさんを介さずに遺産分割協議を行い、自宅と工場を売却してしまいました。その金銭をBさんと姉妹で均等相続に同意させられ引越しを余儀なくされたというのです。

知人のBさんから上記の話を聞き、今後の相続に対して不安になったそうです。

司法書士・堀内先生が導いた解決方法

Aさんから「自宅は長男へ相続し、長女へはそれ以外の財産を相続させたい。」といったご希望が聞かれました。
最終的に以下の家族信託契約が結ばれました。

委託者と受益者はAさんとする。
受託者は長男の妻、信託財産は自宅とし、残余財産はAさんが亡くなった場合に長男に承継する。

家族信託によってBさんのようなケースは避けることができる環境を整え、二次的な相続対策もしっかりと設定することができました。

【対談企画】相談相手の選び方・見極め方
【対談企画】相談相手の選び方・見極め方

監修者イメージ

家族信託で実績多数の専門家

堀内貴敬 先生に無料相談する