親孝行のための「家族信託」活用事例&実践ガイド
親孝行のための「家族信託」活用事例&実践ガイド » 相続で困らないための財産管理・家族信託とは » 家族信託による株式の信託

家族信託による株式の信託

家族信託で信託できる株式と信託できない株式

非上場株式

中小企業の非上場株式に関しては家族信託の事例が多数存在しています。中小企業の社長が50%以上の株式を所有しているとすると、社長が過半数を超える議決権を持っていることになります。仮に、この状態で社長が認知症を患ってしまったら、会社はどうなるのでしょうか?もちろん過半数以上の議決権を持つ社長に判断能力が認められず、株主総会で決定すべき事項が決められなくなってしまいます。

多くの中小企業では株式の大半を社長が所有しているケースが多く見られます。このようなリスクを避けるために、後継者に株式を生前贈与するという方法もありますが、多額の贈与税が発生する可能性を避けられません。

上場株式

認知症に備える資産管理のうち、上場株式を信託財産としたいという希望は少なくありません。理論上、信託することは可能です。しかし、上場株式の信託に対応している証券会社が少ないのが、現状でしょう。実務上で、上場株式を家族信託の信託財産とするケースはほとんどありません

一部の証券会社では、信託口口座の開設に対応していますが、株式の性質上、財産が目減りしてしまう可能性を考慮しておかなければならないのです。財産の目減りは受託者の善管注意義務違反にあたる可能性があるので、委託者と受託者であらかじめ株式の運用方法に関してよく話し合っておく必要もあります。

現時点では上場株式の信託に対応している証券会社はほとんどありませんが、将来的には増加が見込まれています。上場株式をスムーズに信託できる仕組み作りが成されていないことが課題でしょう。

経営リスクを回避するための株式の家族信託

経営リスクの回避、そして贈与税対策として家族信託によって非上場株式を信託財産とする方法があります。大株主の判断能力低下による株主総会の開催不能対策としては、後継者に株式を生前贈与する方法が考えられます。しかしこの方法の場合、会社の業績が上がり株価が高騰すると、多額の贈与税が発生してしまうのがデメリットです。

このデメリットを解消するためには家族信託を利用するのがおすすめです。現金や不動産などの財産と同じように、株式の名義は委託者である社長から受託者である後継者へと変更されます。家族信託では受託者に信託財産の管理・運用を行う権利があるので、議決権の行使は受託者が行います。非上場株式を譲渡する場合には、株主総会や取締役会の承認を受ける必要がある点だけ注意が必要です。

認知症対策として、株式の信託を行ったのはいいですが、このままでは現社長の議決権がなくなってしまいます。そこで重要になるのが、信託契約者に指図権の行使を条件として記載しておくことです。指図権を行使すれば、委託者は受託者に対して指示を出せます。つまり株式を管理するのは受託者である後継者ですが、議決権を行使する際には委託者の意思が反映されるようになるのです。

家族信託の契約内容に指図権を盛り込むことで、経営リスクを回避しながら、社長が元気なうちは自分の意思を株主総会で反映できるようになります。

【対談企画】相談相手の選び方・見極め方
【対談企画】相談相手の選び方・見極め方

監修者イメージ

家族信託で実績多数の専門家

堀内貴敬 先生に無料相談する